辻邦の棚   短編集
  
 

  

「料理の達人」

 

 「良かったら、うちで夕飯食べて行ってよ」

 母の葬儀の帰り道、私が運転する車に同乗していたちーちゃんが、私達を誘ってくれた。

ちーちゃんは母の妹で、私の叔母。棟続きの「タンポポ子どもクリニック」の院長先生だ。

「えー、こんな忙しい時に、ご飯の用意したの?」

ちーちゃんの家は、いつ行ってもご飯をご馳走してくれる。でも、さすがにこの時に…

と私はびっくりした。

 

先週の日曜日、母が突然倒れてから我が家はパニック状態。ちーちゃんにしても、自

宅でやっている「クリニック」を閉めないまま、うちの子供たちの世話から、母の病院へ

の見舞いと慌ただしかったはずだ。

「お姉ちゃんの好きだった肉団子のスープ作った。相も変わらずの煮込み料理だけどね」

「あったかいスープ、うれしい」

「ちーちゃんの肉団子、あたしも好き」

話は一気にまとまって、皆でご飯をご馳走になることになった。

「ちーちゃんは、いつもご飯作って置いてるんだよね」

「うちのママは、急いで作るんだよ」

「あー、めんどくさいって言いながら作るんだよ」

「おかずは、買って来るときもあるよ」

子ども達が、ここぞとばかりまくしたてる。

「そりゃ大変だ。誰か手伝ってあげなくちゃ。あたしは、10歳の時からご飯作ってきた

のよ」

「うそだー!」

子ども達は、盛り上がった。

 「昔の話、しちゃおうかな。お姉ちゃんの供養にもなるからね」

 と、ちーちゃんは話し始めた。

 

 「私達のお父さんは、戦死したの。その頃日本はアジアの国々で戦争をしていてね。

うちのお父さんは、フィリピンの島で死んだって。私もお姉ちゃんもお父さんの顔を覚え

ていない。小さかったからね。

 お父さんがいなかったから、お母さんが働いて皆を食べさせてくれたの。おばあちゃ

んも働いていた。おばあちゃんは家で『着物のお仕立て』をしてたけど、とっても忙しくて

ね。子どもたちが掃除や洗濯や炊事を手伝ったのよ。昔だから、冷蔵庫も洗濯機も電

気釜もない。」

 「知ってる。昔の暮らし、アニメで見た」

 「ガスはきていたから、一つのガス台でご飯を炊いて、もう一つのガス台でみそ汁を作

った.
 朝は、ご飯に味噌汁に納豆。残りのご飯を弁当箱に詰めて佃煮をのせて、お昼

ごはん。夜も同じようなものよ。みそ汁の代わりに、魚と野菜を煮ておかずを作る。魚を

煮て、そのお汁で野菜を煮るのが上級者なんだけど、うちでは何でも一緒に煮ちゃう」

 「なんか、まずそう」

 「そうじゃないわよ、ジャガイモと玉ねぎと人参と豚肉を入れて、塩で味付ければポトフ

。味噌で味付ければ豚汁。カレー粉で味をつければ…?」

 「カレー!」

 「牛乳を入れたり、おしょうゆ味にしたり。豚肉を鮭にしたり、めったに口に入らなかっ

たけど牛肉にしたり、ひき肉を丸めて」

「肉団子!」

 「食材を生で食べるか煮るか、それだけ。それで十分よ。汁を少なくすれば、煮物や

肉じゃがができるし、大根と竹輪を入れればおでんになるし」

[卵も入れたいよ」

「ウインナーソーセージがすき」

「はいはい、色々入れましょうね。

小さいころは二人でおばあちゃんを手伝ってたけど、中学生になるとお姉ちゃんは新聞

配達のアルバイトを始めて、手伝いは私の係になった。お姉ちゃん

は、中学を卒業してすぐに工場で働き始めたのよ。働きながら定時制の商業高校に行

って簿記の資格を取った。お姉ちゃんは、凄い頑張り屋だったのよ。そのころおばあち

ゃんが死んじゃって、ご飯を作るのは私の仕事になった」

「それって、ひどくない?ちーちゃんは、まだ子どもだったんでしょ?」

「ひどくないよ、感謝しかない。お母さんとお姉ちゃんが働いて、私には勉強をさせてく

れた。昼間の高校へ行かせてくれて、大学まで行かせてくれた。お姉ちゃんのお陰で私

は医学部に行けた」

「でも、ご飯作るの大変そう」

「大変じゃないわよ。朝少し早起きして、用意をしただけ。高校に行くころには、うちでも

冷蔵庫が買えてね、朝のうちに夜の分まで作っておいたの。生で食べるか、煮込むか

だけだからね、材料を切るだけでしょ。簡単よ。食べる人も、作る人も時間を取られない

、簡単料理」

「今でも、簡単?」

「ええ、簡単料理だけ。時間は限られているからね。

今でも、朝のうちに一日分を用意するのよ。

朝は炊きたてご飯で卵入り納豆ご飯を食べて、お昼には作っておいたおにぎりと残り物

を食べるの。診察の合間にチャチャっと食べられるから便利よ。夜のご飯も出来ている

から、仕事に集中できるというものよ」

 

 私の母は、ほとんど料理をしない人だった。経理の仕事をしていて忙しかったのだろ

うが、私が小さかった頃も「ちーちゃんちのご飯」をよく利用していた。

 利用していたというか…、母にとってちーちゃんのご飯は、おふくろの味だったんだろ

うな。

 朝昼晩、365日、休まずご飯を作っているちーちゃんは、料理の達人だね。

 


       
辻邦の棚  生田きよみの棚  青山和子の棚 
短編集  連載 この本 
この本  読み切り  わたしの読んだ本 
poetry
   
 著者紹介  著者紹介 著者紹介 
 ご意見、投稿、お待ちしています
アドレス kuni@aktt.com
fecebook やっています。