青山和子の棚
 
辻邦の棚  生田きよみの棚  青山和子の棚 
短編集  連載 この本 
この本    わたしの読んだ本 
poetry
   
 著者紹介  著者紹介 著者紹介 

 この本 
好きだった、感動した、元気づけられた、 お薦めしたい、そんな本
 目次 1 子供の十字軍
     2 母をたずねて
 子供の十字軍  
ベルトルト・ブレヒト著

矢川澄子・訳  銅版画・山村昌明
       

『子供の十字軍』を手にしたのは、四十代後半だった。

八十ページに満たない薄い本だったが、書かれている内容は重く、私にとって生涯手放せない一冊となった。どういうきっかけで求めたのか、二十年以上前のことで今となっては判然としないが、訳者である矢川澄子に依るところが多かったと思われる。彼女の視点と端正な文章が好きで、それ迄もいくつかのエッセイや翻訳された作品を読んでいた。
                     

 1939年、戦争によって家族も故郷も失くし、戦さを逃れてポーランドから平和の地を目指して、あてどもなく歩き続ける子どもたち。最後に五十五人が目撃されていると記されている。ページごとの文章は、簡潔に四行でまとめられ、感傷も装飾もなく淡淡と進行していくが、行間に滲み出る悲惨な状況は目を覆うばかりだ。
 道をたずねるために、負傷した兵士を介抱するが、「ビルゴライへ行け」と言っただけで兵士は死んでしまう。どの方角が正しいのかわからない子どもたちは、途方にくれたまま歩き続けるしかないのだ。途中、一匹の犬と道連れになり、その犬の首輪に“助けて!”のメッセージを残す子どもたち。
 逃避行を続けるなかで、少年と少女の幼い愛が育まれ、他の集団との争いや裁判、文字を覚えるためのささやかな学校や音楽会、さまざまな場面があるが、圧倒的な飢えと寒さは常に隣合せについて回る。繰り返される仲間の埋葬とお弔い。
 そこにはさまざまな階層の子どもがいる。皆それぞれに重荷を背負って、平和の地に向かって歩き続けるしかないのだ。
 ブレヒトは、文中であからさまな戦争批判をしてはいない。しかし、絶望的な状況のなか、歩き続ける子どもたちを克明に描写することによって、戦争の引き起こす残酷さに迫っているといえよう。最後の一ページ、農民に捕まったやせこけた犬の首にかけられた一枚の紙の札、“助けてください!”と書いてある。子どもの手で書かれた一枚の紙の札、それは一年半も前のことで、犬は飢え死寸前だった。これが最後の一章である。八十年後に読む私たちに届けられる重さは、現在も続いている理不尽さと無縁ではあるまい

 


母をたずねて 
デ・アミーチス・作 大久保昭男・訳

私が小学校に入学したのは昭和26年、当時は図書館はおろか、学校の図書室もなくて、教室の隅にある「学級文庫」と名付けられた本箱が全てだった。
 田舎のこととて貸本屋もなく、教科書以外の活字は学級文庫にある本だけで、運動も外遊びも苦手だった私はむさぼるように読んだ。
 夏休みに入るころには殆ど読み尽くして、よその教室へこっそり借りに行ったりした。
 四年生のときに出会った一冊が『母をたずねて』である。

 あらすじ    
 イタリアに暮らしている十三歳の少年マルコが主人公。貧しい家計を助ける為にアルゼンチンに行った母との音信が途絶えたことで、母をたずねてジュノバから船で南アメリカを目指して旅立つ。一カ月近くかかってブエノスアイレスに到着するが、母が奉公していた一家は既に引っ越していた。
 落胆したマルコだったが、そこに住むイタリア出身の人たちに教えられた、荷馬車を引いて移動する商人たちの手伝いをしながらツクマンに向かう。つらい二週間以上の旅の後、商人たちと別れて一人になったマルコは、歩きに歩いて引っ越し先のツクマンに到着するが、そこにも一家はいなかった。
 絶望したマルコは、二十数キロ先に、奉公先のメキーネスさんが住んでいると教えられ、再び森を抜けて歩き出す。
 そのころ、病気の母は手術を受けるよう説得されていたが、諦めの気持ちで拒んでいた。
 しかし、疲れきって埃だらけの息子に再開した母は、喜びとともに手術を受ける決心をし、結果的に助かったのだった。お礼を言うマルコに、若い医師は「しっかり者のきみが、お母さんの命を救ったのだ」と告げて物語はラストとなる。

 作者のアミーチスは、1846年北イタリアに生まれ、20代でイタリア統一の戦いに軍人として参加。若い統一イタリアの為に、少年たち若い世代への願いを込めて『クオーレ』を書いた。『クオーレ』は、一人の少年の日記が中心になっているが、「毎月のお話」として一カ月に一遍ずつ日記とは関係のない物語が挿入されている。なかでも『母をたずねて』は最も良く知られているだろう。1970年代にフジテレビでアニメ化され、多くの子供たちに届けられた

私が子供時代を過ごした1950年代は勿論テレビはなく、村に紙芝居もやってこなかった。楽しみといえば、月ごとに届けられる学習雑誌と友だち間で貸し合うマンガだけで、外遊びをしなかった私は、活字であればなんでも読み耽ったものだ。そこは、だれにも邪魔されない自分だけの世界だった。『母をたずねて』を読んでいるときは、マルコと一緒にハラハラドキドキしながら旅を続けていたのだろう。ちょっと切なく、懐かしい思い出である。

 
 

 index.html へのリンク