10月10日 更新

 児童文学作家 辻邦と その仲間 青山和子と生田きよみ のページです。
 
 連載 生田きよみ
9月12日更新
   短文 辻邦
     更新
 
informetion

  fecebook
 プロフィール
 〒157-0065
東京都世田谷区上祖師谷
3-18-18
TEL.03-5384-9283
FAX.03-5384-9284
 お便りください  
アドレス 
kuni@aktt.com
 

この2月に生まれた航真君

恵大君 今は5歳です
AKT・Tのページへ 

 「この本」  好きだった、感動した、元気づけられた、お薦めしたい、そんな本


この本  20   辻 邦・文
   
 トルストイの民話    トルストイ 作   藤沼 貴 訳  福音館書店
 
 ロシアに古くから伝わる伝説や民話をもとに、トルストイが民衆のために書いた物語が17編収められています。

 この翻訳ではありませんでしたが、私は子供のころから、何度も読んだことがあり、深く影響を受けたものです。

 目次

 ○人はなにで生きるか

 ○ふたりの兄弟と金貨

 ○イリヤス

 ○愛のあるところに、神もある

 ○火を放っておくとほうっておくと、消せなくなる

 ○女の子のほうがおとなよりかしこい

 ○にわとりの卵ほどの麦粒

 ○人間にはどれだけの土地が必要か

 ○悔い改める罪びと

 ○ふたりの老

 ○三人の隠者

 ○小さなろうそく

 ○イワンのばかとふたりの兄、軍人のセミョーンとたいこ腹のタラスと、口のきけない妹マラーニアと、大悪魔と三びきのちび悪魔の話

 ○ちんぴらの悪魔がパンの端のつぐないをした話

 ○父の教え

 ○作男エメリヤンとからっぽのたいこ


 お話は、主に聖書の中の言葉、教えをもとに作られています。
 私は、物心ついたころから教会と日曜学校に行っていましたから(行かされていたから)素直に共感ができたのでしょうね。自分の価値観の土台の三分の一は、このお話の影響下にあるといってもいいかな。
 善い心を持った良い人になりたかった。
 心の底からそう希求した時期があった。

 人生、反省することばかりです。
 でも、今の家族たちが好きだから、やり直したくはありません。